シルバー、七宝体験教室

講師 丸山昌子

お問い合わせ
アトリエ1/F 丸山昌子  tel 070-2359-0810(au) 

アクセス
加須山教室(毎週土曜日 10時~5時) 
バイパス加須山交差点を茶屋町方向に行き右手ニシナ手前
(わからない方はニシナにてお電話下さればお迎えに行きます)

お申し込み maruyama0119@ab.auone-net.jp または himawari.-98@ezweb.ne.jp 

アートクレイシルバーと七宝教室 アトリエ1/f 丸山昌子
火曜日 第一、第三 加須山教室個人レッスン 10:00〜15:00
水曜日 第二、第四 西大寺(西大寺グリーンテラス内 17:00〜19:00
木曜日 毎週 山陽新聞カルチャー倉敷教室 10:30〜12:30
    第二、第四 山陽新聞カルチャー倉敷教室 10:00〜17:00
土曜日 毎週 倉敷加須山教室 10:00〜17:00

ルバーアクセサリー体験
 アートクレイシルバーを使って自由な発想で素敵なシルバーアクセサリーを作ってみませんか?
 1人 4500円〜 粘土込み (リング、ペンダントなど) 金具、チェーンは別途必要
 ※アートクレイシルバーの詳細についてはこちらをクリック

七宝焼体験
 七宝釉薬を使ってオリジナルで素敵なアクセサリーを作ってみませんか?
 3500円〜 材料費込み

アートワックスモデリング体験
 ジュエリーアクセサリーの制作技術であるワックスモデリングを、誰でも簡単に
 使いこなす事が出来る様に改良した新しいジュエリー創作技術です。
 本格ジュエリーを制作してみたい方、是非体験してみませんか?
 体験  材料費、道具レンタル込み 1回4000円(鋳造代別)

 アトリエの方は10人ぐらいすわれます。加須山教室の方は車も10台までとめれます。
 とても楽しいですので、お気軽にいらしてくださいね。予約制ですので早めに御連絡)
 あわせて、教室の生徒募集も随時しております。作家、講師、販売などに進める様に
 インストラクター制度もあります。年に1回の教室展と市立美術館での展示(希望者)しています。

アートクレイシルバーとは
 アートクレイシルバー(銀粘土)は、純銀の微粉末と水とバインダーが、
 混ざり合った粘土状の素材で焼き上げると純銀に変わります。
 柔らかい粘土なので自由な形に作り易く、
 初心者の方でも手軽にシルバーアクセサリーを楽しめます。

 技能認定証を取得すると、公益財団法人 日本生涯学習協議会(所管:内閣府)より
 「技能認定証」が交付され、アートクレイ倶楽部会員として最新の話題や
 スキルアップに役立つ情報を得ることができ、講師活動や作家活動を行う上で
 様々なメリットがあります。
 教室で規定のカリキュラムに沿って銀粘土、シルバーオーバーレイの技術を学んでいただき、
 審査に合格されますと技能認定証を取得できます。
 技能認定講座には、「銀粘土技能認定講座」と「シルバーオーバーレイ技能認定講座」の
 2つがあります。
 銀粘土技能認定講座
  銀粘土技能認定は規定のカリキュラムに沿って銀粘土の技術を学んでいただき、
  「審査課題作品」を制作、事務局での審査に合格されますと
  銀粘土技能認定証を取得することができます。
 シルバーオーバーレイ技能認定講座
  シルバーオーバーレイ技能認定は規定のカリキュラムに沿って技術を学んでいただき、
  考査(筆記試験)に合格されますとシルバーオーバーレイ技能認定証を取得できます。

アートワックスモデリングとは
 アートワックスモデリング技術資格認定講座は、アートワックスモデリングの技術を
 総合的に修得する12課題で構成されます。
 ビーディングや石留め等の手法を駆使し、平面から半立体、立体という順番で課題を終えることで、
 自分の思うままのジュエリー・アクセサリーを創作できるようになります。
 認定講座には、JJCA顧問山田直広監修のプロ工具セットが付属。
 プロの原型師と同じ本格的な彫金工具は、あなたのクリエイティビティを自由自在にします。
 また講座修了後は、JJCA認定ジュエリークリエイター資格を取得することができ、
 アトリエ開業から運営、ブランド化等、ジュエリークリエイターとしての活動を
 協会がサポートいたします。

銀粘土技能認定講座
銀粘土技能認定は規定のカリキュラムに沿って銀粘土の技術を学んでいただき、
「審査課題作品」を制作、事務局での審査に合格されますと
銀粘土技能認定証を取得することができます。

シルバーオーバーレイ技能認定講座
シルバーオーバーレイ技能認定は規定のカリキュラムに沿って技術を学んでいただき、
考査(筆記試験)に合格されますとシルバーオーバーレイ技能認定証を取得できます。

アートワックスモデリングとは
 アートワックスモデリング技術資格認定講座は、アートワックスモデリングの技術を
 総合的に修得する12課題で構成されます。
 ビーディングや石留め等の手法を駆使し、平面から半立体、立体という順番で課題を終えることで、
 自分の思うままのジュエリー・アクセサリーを創作できるようになります。
 認定講座には、JJCA顧問山田直広監修のプロ工具セットが付属。
 プロの原型師と同じ本格的な彫金工具は、あなたのクリエイティビティを自由自在にします。
 また講座修了後は、JJCA認定ジュエリークリエイター資格を取得することができ、
 アトリエ開業から運営、ブランド化等、ジュエリークリエイターとしての活動を
 協会がサポートいたします。

木目金講座生徒募集中

「木目金」 その伝統技法をアートクレイで表現する『新木目金』
江戸時代に誕生した日本の金工技法「木目金」は、金属同士の色の違いを巧みに操り、
雅やかな木目調の模様を生み出す、熟練した職人にしか扱うことのできない
高度な技術とされています。
刀の鍔に始まったといわれるこの技法は、様々な金属工芸品に応用、ジュエリーも生み出され、難易度の高い技術として現在に伝承されています。
アートクレイ倶楽部では、この伝統技法の「木目金」を、銀粘土と銅粘土を組み合わせ、同時に焼成することで可能にする、新しい技法を開発いたしました。

アートクレイから生まれた「銀粘土」と「銅粘土」。
この2つの画期的な素材の魅力を最大限に引出し、表現したのが、この「新木目金」です。
古来より伝わる金工技法の「木目金」では想像もつかない粘土ならではのテクニックを活かした
作品を見ると、新たな伝統が始まったんだと感慨深く思います。「新木目金」によって再び、
日本から世界に向けて素晴らしい新技法が広まることを期待しています。
長年の経験を持っていないと困難とされる工程を、銀粘土と銅粘土を使用することにより
可能としたのが、この新しい木目金の技法です。
これまで金属地金で行っていた工程や鍛造に相当する工程も、粘土の状態で扱うことにより、
作業が容易となりました。その上、焼成前に模様まで表現出来るこの新しい技法は、
新たなデザインの可能性をもたらします。その他、古来の技法では地金を一定方向にしか
鍛造出来ませんが、新技法では、粘土を自由自在に練り込むことが出来るので、
部分的に四分一と言った色地金を創り出すことも可能となりました。
伝統技法と新しい素材との融合により、受講者の皆様のジュエリーデザインの幅が
より一層広がることでしょう。

新木目金講座 作品例
象嵌ペンダント
 象嵌とは1つの素材に異質の素材を嵌め込む技法です。
 ここでは、銀粘土をベースに銅粘土を嵌め込み、焼成によって異なる金属を一体化させる技法を学びます。
グリ彫りブローチ
 幾層にも重ね合わせた銀粘土と銅粘土。新木目金作品を作るための基本の技法となります。
 彫刻作業を進める毎に違う表情が現れ、木目金技法の醍醐味を感じる作品です。
油滴模様のリング
 積層させた銀粘土と銅粘土を柔らかい内に押し出し加工することで、
 水面に浮かぶ油の滴模様を表現します。
 粘土素材だからこそ簡単に出来る表現技法です。
 十文字ペンダント
 積層させた銀粘土と銅粘土を柔らかい内に曲げ加工することで十文字模様を作り出します。
 十文字の模様は、伝統技法の木目金の世界で受け継がれている、高度な表現の一つです。
混ぜ込みリング
 粘土造形を極めた表現です。
 規則的に混ぜ込む作業から神秘的な模様が生まれます。
 同じ物は二度と作れない、まさに世界に一つだけの木目金ジュエリーです。
 矢羽模様のペンダント
 伝統技法の木目金では不可能な、銀粘土、銅粘土でなければ表現できない技法です。
 カフェアートのようにフリーハンドで描くオリジナルの模様は、新木目金の表現を無限に広げます。

 ※教室により、制作する作品の内容が異なる場合がありますので
  事前に各教室へお問合せください。

「宝石の四季」に「新木目金」を特集する記事が掲載されました!

213号(2011年春号)
『ジュエリーの可能性が拡がる注目素材「新木目金」』
213号(2011年春号)
『ジュエリーの可能性が拡がる注目素材「新木目金」』
215号(2011年秋号)
『連載2 可能性が拡がる新たな技術「新木目金」技法』